真面目な業者

故人の荷物整理

故人の遺品整理は遺族にとって、 精神的にも肉体的にも非常に負担になります。 もし整理できないときには遺品整理サービス業者に依頼をすることで代わりに作業を行なってくれます。

Read more

遺品が残る

遺品整理業者ではたとえ処分する物であっても、遺品ですから丁寧に扱ってくれます。現在遺品整理の作業は誇りのある仕事として多くの企業や個人が参入していくことが予想されています。

Read more

業者に依頼をする

遺品整理を遺族が行なうことが理想的とされています。遺品整理に時間をかけて行うことで故人のことを偲び思い出すことができるからです。高齢化社会に伴って遺品整理業者は増えてきています。

Read more

葬儀にかかる費用

通夜から忌明けまでにかかる費用

通夜から忌明けまでに必要になる費用をまとめてみると、一番大きな出費となるのが大阪などで葬儀社に支払う「葬儀費用」で、これが50万円〜200万円くらいします。そして通夜、葬儀、告別式をとり行う施設の使用料や火葬施設の使用料が20万円〜50万円くらいかかります。 僧りょへ支払うお布施代は地域ごとに相場がありますが、だいたい少なくても30万円くらいと言われています。お布施とは戒名授与や読経などに対する支払いです。通夜から告別式まで沢山の会葬者が訪れますが、その会葬者を接待するための費用として20万円〜50万円ほど必要になります。初七日や四十五日などの法要の費用は10万円前後かかりますが、葬儀費用に含まれていることもあります。

忌中と忌明けについて

お葬式を行ったあとしばらくの期間を「忌中」といいます。忌中とは故人の魂がまだこの世にさまよっていると考えられている期間で、亡くなってから四十九日までの間を指します。忌中の間は一切の祝賀イベントを慎む必要があります。ちなみに忌中と似た言葉に「喪中」というのがあります。喪中とは忌中を含めて故人の冥福を祈る期間のことを指し、一般的には一周忌を迎えるまでを喪中と言います。 忌中が過ぎ、四十九日を迎えた日を「忌明け(きあけ、いみあけ)」といいます。忌明けは仏教では四十九日ですが、神式では五十日と決められています。仏教葬儀では基本的に四十九日法要を行います。四十九日法要は親族を招いて自宅か菩提寺で行うのが一般的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加